高校3年でTOEIC700点台を取った方法

最終更新日

こんにちは。

今回はタイトル通り、TOEICについてです。

実は私、英語ちょっとできるマンです

(しかし聞けるだけで喋れない…てかもう聞くのすら…..)

英検とTOEIC

英検の方が馴染みがある方も多いと思うので。

ぱぱーっと調べた感じ、高校生の平均点は400点ちょっとっぽいです。

また、英検2級でTOEIC500点くらいとも書かれてました。

ちなみに英検準1級がTOEIC700点くらいみたいです。

ちなみにちなみに、英検1級がTOEIC900点くらいみたい。

目安なので実際そうとは限りませんが!

高3で720点とりました!

ちなみに高校生の時は謎に意識が高く毎年受けてました。TOEIC。笑

でも英語が好きだった訳ではなく、どちらかというと嫌いでした。

ただまあ英語だけでも頑張るかあと思って勉強していたのを覚えています。

1年の時に300点くらい、2年で500点くらい、3年で700点でした。

なので、

英語嫌いの300点レベルからでも高校の勉強だけで700点まで伸びるということです!!

当時やってたこと

特にTOEIC対策と言ってはそんなにやってなかったように思います。

試験前の少しの期間だけはTOEICの問題集をやってました。

それ以外は学校の授業でした。文法の授業と読んだりする授業。どの学校でもそんなに変わらないかと思います。

ただ、復習を徹底的にやっていました。文法は苦手でしたが、

授業で配られたりした読み物や、教科書(文法書じゃない方)も読みまくってました

あとやる気がある時は通学途中に単語帳のCDを聞いてましたね〜懐かしい…

あとリスニングにはTED Talkを見てました。

あんまり内容はわかりませんでしたが、なんとなく面白いことを話しているんだろうと。笑

それに加え、iPhoneにBBC newsのアプリを入れて、アプリ内の音声のみのライブ配信を

垂れ流しにして聞いていました。ほぼ聞き流す感じでしたが、

スピードに慣れる。という観点から効果があると思います。

リスニングのスピードに慣れたら、あとはリスニングの問題文をパパッと理解できるくらいの

スピードで英文を読めるようになると、リスニングパートで400点を超えられます。

そんなこんなしてると、英語アレルギーもましになり、TOEICもだんだんできるようになりました。

今でも高校時代にやった基礎部分に助けられていると思います。

なので高校生には学校の授業を大事にして欲しいですね!

しかし、大学に入って出来た友達に聞くとその授業の感じはどうなの….

ということもあったので私はたまたま当たった先生がよかったのかもしれませんが。。

また英語(外国語)の勉強をするときはできるだけ、日本語を経由しないようにする事が重要です。

まとめ

TOEICって全部英語で説明とかされるから怖い!

と思ってる方、全然怖くないですよ!

たとえ英語が話せなくてもTOEICはリスニングとリーディングだけなので意外とできるもんです!

私も英語少しは話せるように勉強しようかと思っていますので頑張りましょー!

(英語やったくらい数学もやっとけば今頃もっと楽出来てたんだろうなあ…)

ちなみに、文法書はこれ使ってました。オススメです。

デュアルスコープ総合英語→コチラ!

使用した問題集などは以下。

(問題集) スコアが上がる新TOEICテスト本番模試600問→コチラ!

(速読本) READING FOR SPEED AND FLUENCY1→コチラ!

(解き方) Tactics for TOEIC→コチラ!

下の二つは英語の本ですが、英語を日本語を介さずに理解する事でスピードアップできるので、

その練習にもなると思います。最初は難しいですが慣れです。

あと、解き方本をやってみて解き方を知ってるのは、ハイスコアを狙う上では重要かもです。

とまあ私はこんな感じで800点超えたよ!という話でした。

一気に違う感じの記事だったので誰だお前って感じですが、また!笑

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする