写真の基本 ~各設定と露出との関係~

最終更新日

そろそろ、よく写真をとる人ということを全面に出していこうと思い始めました。

今回は写真の基本中の基本、露出のお話です。

注) ちゃんとした下調べをしてないので、微妙に間違っている可能性がありますが基本的にあってるはず。

露出とは

露出とは、写真の全体的な明るさのことを指します。

言葉の意味としては「センサーを光にどれだけ露出させるか」ということですね。

この時間が長いと写真は明るくなりますし、反対に短いと暗くなることが想像できると思います。

この露出を理解すると、写真の表現の幅が広がります。

「〜オート」モードでは撮影できないような写真が撮れるようになりますので、

是非最後まで読んで見てください。

露出を決めるパラメーターは

  • シャッタースピード (SS~)
  • 絞り (F~)
  • ISO感度 (ISO~)

の3つで、これらの設定を変えることでセンサーに取り入れる光の量を調節して露出(写真の明るさ)を変えることができます。

時間や場所など、場面場面で光の量(光量)が異なります。

例えば昼間と夜を比較すると昼の方が光量は多く、夜では光量は少ないです。

よって状況によって写真が丁度いい明るさになる露出設定は異なります。

この写真が丁度いい明るさになった時の露出を、「適正露出」と言います。

カメラの設定で、「絞り優先オート」「シャッタースピード優先オート」「プログラムオート」など、「オート」がついているモードでは、カメラが自動で「適正露出」を割り出してくれています。

上で「露出を理解すると表現の幅が広がる」と言いましたが、これはすなわちマニュアルモードが使えるようになる!ということでもあります。

それでは、以下で露出を決める3つのパラメータを詳しく見ていきましょう。

シャッタースピード (SS)

シャッタースピードは、その名の通りシャッターを開いてセンサーに光が当たる時間のことを指します。

例えば、SS 1/100 でしたら、センサーには1/100秒光が当たります。

シャッタースピードを変更することで写真の何が変わるかというと、

被写体の動きに対する表現です。

例として、左から右へ走っていく人を撮ることを想像してみましょう。

SSを早くして写真を撮れば、人はブレる事なくその一瞬を切り取ったものになり、

逆にSSを遅くして写真を撮れば、人はブレてしまいます。これを被写体ブレと言います。

飛行機や電車を撮る時も、SSは早くないとブレてしまいます。

滝を撮る時にはSSを遅くする事で水滴を線のように表現することができます。

絞り (F値)

絞りは、レンズの中にある絞り羽根の開閉を調節するもので、これによりレンズを通してセンサーに当たる光の量をコントロールします。

絞り羽根を全開(開放)にした時と絞った時を比較すると、開放した時の方が多く光がレンズを通過しますよね。

絞りを変更することで写真のなにが変わるかというと、

被写界深度です。被写界深度とは、写真の中で、ピントがあっている奥行きのことを言います。

例えばF1.4で写真を撮ると、一部だけにピントが合って他の部分はボケますよね。

このピントが合っている部分の、奥行き方向の長さを被写界深度と言います。

F1.4から絞っていくと、ピントが合う奥行きが広がっていきます。

この被写界深度を調節することで、写真の主題となるものを強調させたり、写したくないものをボカしたりします。

ISO感度

ISO感度は、フィルムではフィルムごとに決まっていますが、デジタルの場合は自分で変更するとができます。

感度を上げていくと、少ない光でも写真が明るくなっていきます。

感度が低い方が画質がよく、高くしていくにつれて写真にノイズが出てきます。

スマホや携帯電話で夜に写真を撮ろうとした時に、なんだか紫色のザラザラみたいなのが出てきた経験があるかと思いますが、これがISO感度が上がりすぎたことにより発生したノイズです。

この三つによって露出が決まる。

のですが、イメージしにくいと思います。

よく露出の説明をするときに例えられるものが、水道の蛇口とコップです。

光を水に例え、光量は水の量です。

コップに入る水の量が適正露出の光量です。

SSは蛇口を開ける時間、

F値は蛇口をどれくらいひねるか。

ISO感度は例えが難しいですが、強いていうとコップにあらかじめ入れておいた氷ですかね。(カサ増ししてる)

場面によって適正露出が変わります。(コップの大きさが変わる)

このコップを水で満タンにすることが目標です。となると、

蛇口を開ける時間が短いと、その分蛇口は大きくひねらないと水が足りませんし、

蛇口を開ける時間を長くすると、その分蛇口をひねるのは小さくていいですよね。

短時間でドバッと水を汲むか、

長時間かけてちょろちょろ水を汲むかです。

しかし、最終的に汲む水の量は同じです。

イメージできたでしょうか?

まとめ

これで、露出の設定と各パラメータとの関係が理解できたかと思います。

マニュアルモードにするとこの三つのパラメータ全てを自分で決定しなければなりませんが、そうすることで適正露出より明るくしたり暗くしたり出来ますし、上で述べた表現もコントロールすることができます。

オートから抜け出して、自分で操作するようになると、もっと写真が楽しくなるんじゃないかと思います!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする